読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杉山わさびのさよならホロスコープ

人生さよなら逆転❤︎すっきりさせる星占い 週報は金曜更新!

2016.10/10~10/16 さよなら週報

 

 

10月16日の牡牛座の満月をめがけ

月はふっくらふっくらしていきます。

 

ちょうど味覚の秋でもありますけれども

牡牛座とのことですので、

食べ過ぎたりしないようにご注意を。

 

太ります。

 

今月は、2016年で一度だけ、

月が2度新月になるんです。

その時期はデトックスしやすいかもしれませんが…

 

食べれば、太るんです。(白目)

 

牡牛座の星が強い女の子たちの

ルノワールの裸婦像みたいな質感、好きですけどね。

 

「もし婦人の乳房と尻がなかったら、私は絵を描かなかったかもしれない」とか

ルノワールも言ってらっしゃいますしね。

 

むちむちふくふく。

満月ウィークのさよならホロスコープです。

 

 

 

牡羊座 (3月21日~4月20日)

「褒められとけ」

 

お口にチャックで、褒められていてほしい一週間です。

あなたを見込んでいる人たちが

「イイネ!」と言ってくれそうなんですが

そこで調子に乗ると

結構痛い目みそうです。

 

オヒツジー

調子に乗りがちだからなー…

 

具体的に行っておくと、

飲み会とか楽しくなっちゃってるときの

失言に注意してください。

 

さっきお伝えした、あなたを見込んでる上司に

「ありがとな!ハゲ!」

とか言わないようにってことです。

 

「ありがとう!私が天才だからかな!」

とか言わないよう、です。

 

ただもう

ニコニコと褒められていてくださいね。

 

 

牡牛座 (4月21日~5月21日)

「家族サービス」

 

お仕事優先にしていると

家族とケンカするかもしれません。

 

「…なんでこっちの気持ちがわかんないの?」と

ガチでキレられる前に

家族のことを考えて動いてみては。

 

幸い、今週のトラブルは

よいものを生み出すためのチャンスでもあります。

 

たまごの殻を割って

新しい世界に飛び出すきっかけ

みたいなものかもしれません。

 

でもまあ、

ケンカしないにこしたことはないので

要注意を。

 

相手の態度に苛立ったり

不安になったりして

食べ過ぎたりしちゃだめですよ。

 

太ります。

 

 

双子座 (5月22日~6月21日)

「能あるタカは口を隠す」

 

フタゴザーって、概ね口が回るひとたちだと思うんですけど

今週はそれが最骨頂で

回る回る

 

富士急の「ええじゃないか」かな?ってくらい

頭も口も回ります。

 

そのこと自体は

フタゴザー本人に実りとして残るんですけど

それをちょっと面白くないなと思う

目上の人もいるかもしれないので

そういう人の前では注意です。

 

「双子君…そもそもこれ、ルール違反だよ?」

という頭の固い上司。

 

「双子さん…あーた○○家の作法をご存知ないの?」

という頭の固い姑。

 

思い当たる人がいたら

そいつらだけには気を付けて!

 

 

蟹座 (6月22日~7月22日)

「主食は愛」

 

引き続き、愛の風が吹いています。

来週くらいにはこの追い風が

落ち着いてきてしまうので

 

どうか今週までは

仕事ばっかりしていないで

アクションをとってください

 

そしてまた週の前半は

すなおな自分でいられそうなので

口先だけのことではないコミュニケーションが

うまれると思います。

 

そんなコミュニケーションから

愛に関して理想がわかりそうな

気配もあります。

 

それがつまらない世間体や

不安に支配されたものではなく

心底自分の心をふるわせる「理想」なのだとしたら

それは今後の大切な指針になると思いますので

心にメモをおすすめします。

 

 

獅子座 (7月23日~8月22日)

「迷子の子猫ちゃん」

 

シシザーは、基本オラオラ系なのですが

今週は、なんだか少しだけ不安そうです。

自分が本当に何をやりたいのか

わからなくなっちゃった、という戸惑いのような

ものでもありますし

 

あのひとが何を考えているのかわからない

という不安でもあるかもしれません。

 

いずれにしても

ほんの一瞬なのでだいじょうぶです。

 

もし迷子になっちゃったとき

犬のオマワリさんは

誰なのだ!と言いますと

お父さん的なひとです。

 

獅子もネコ科ですからね。

にゃんにゃんにゃにゃーん!って

いってみてください。

 

 

乙女座 (8月23日~9月22日)

「蘇る金曜」

 

オトメザーはここしばらく

山羊座にいる冥王星といい関係になっています。

 

再生がテーマですので

一度挫折したことも復活しますし

もう死んでいた、というものは

破壊され尽くします。

 

小さな傷では

立ち止まることのない追い風ですので

ぐんぐんと進んでていただきたいと思います。

 

先週もお伝えしましたが

それはどうも「学ぶ」ということと

ご縁があるような気がします。

 

仕事でも恋でも

今まで挫折してきた「学ぶ」ものは

ないですか?

 

あんまりこういう機会もないですので

金曜は飲みに行くんじゃなくて

お勉強したらどうかなって思うなあ。

 

うん。

  

天秤座 (9月23日~10月23日)

「くつひも、キュッ」

会話が生まれます。

大切な、大切な会話が

つむじ風のように

同時多発的に発生します。

 

この機に、旅に出るのもいいでしょうし

本を読む

画展に行くなど

心の中で

遠く遠くに行ってみてもいいかもしれません。

そこで起こるのは

自分との会話です。

 

どうぞ荷物は軽く

気軽に出かけてみてください。

 

まさか通じるとは思わなかった!

という扉が次々に開いていく

ふしぎな時間。

来週までこの特別な時間は続きますが

再来週には抜けてしまいますので

くつひもをキュッとして

走り抜けてくださいね。

 

 

蠍座 (10月24日~11月22日)

「弱いところ」

 

愛の星、金星はまだ滞在中。

 

週の前半は月といい角度を描いていきますので

自分の「弱さ」も見せられると思います。

 

恋は強みで魅せることで

愛は弱みを見せることだと

昔、上司が言っていました。

 

その上司は弱みを見せすぎたのか離婚されていましたが

愛を信じられるからこそ

見せられる弱み

というものはあると思います。

 

あなたを大切に思う人にとって

そんな弱みを見せてくれた

ということは

とても強い自信になるような。

 

そんな、少し変わった

特別な追い風が

今サソリザーを追いかけています。

 

 

射手座 (11月23日~12月21日)

「話したかった人」

 

イテザー諸君って

ぶっちゃけ上下関係が苦手というか

大したことない!ってみなした相手は

もはや見えてない感じなんですけど

 

この一週間は

見えているほうのえらい人との

ゲートがひらきそうです。

 

きっかけは

あなたの弱いところを

ちょっと見せる事な気がします。

 

本当はこの分野に自信がないんですよとか

いつもひょうひょうとしているあなたが

見せる「隙」を

きっとみんな好きになっちゃうと思いますよ。

 

 

山羊座(12月22日~1月19日)

「人間活動」

 

相変わらず火星は

ヤギザーのところにいるので

それはもうお仕事お祭り騒ぎではないでしょうか。

 

チャンスも来るけど

ストレスもやばいみたいな状況が

一旦落ち着きます。

 

いえ、仕事は落ち着かないんですけど。

全然落ち着かないんですけど?

 

体力がエネループです。

 

繰り返し、繰り返し

気力がわいてきます。

 

仕事だけじゃなくて

プレイベートのことだって

がんばれそうなかんじ。

 

いつもだったら

泥のように眠ってる土日に

遊園地にいったり

 

残業で疲れた朝に

ちょっと早起きして朝ごはんを家族と食べたり

 

きっと私生活で実りになって返ってくるので

「人間活動」にも

目を向けてほしい一週間です。

 

 

水瓶座(1月20日~2月19日)

「本音ちゃぷちゃぷ」

 

牡牛座の満月にむけて

ゆっくり月は

ミズガメーズの上を横切っていきます。

 

不安とか不満とか

ネガティブな感情の揺れも

あるかもしれませんが

 

今回はちゃぷちゃぷと満ち満ちてくる

そんなものたちを

誰かに伝えてみてもよさそうです。

 

俺がやんなきゃどうすんの?と

抱え込んでいたけど

「本当は持っていることがつらいんだよ」

と思うこと。

 

いつもクールなあなたが

ちょろっとこぼした弱みを

愛おしく見つめてくれる視線が

あると思いますよ。

 

 

魚座 (2月20日~3月20日)

「不安を種に咲く」

 

心細いなとか

わかってもらえないなっていう気持ちが

高まるかもしれません。

 

疑ったり

怒ったり

歯止めが聞かず

こぼれてしまうものもあるかもしれません。

 

でもそれらの感情は何かしら

「咲く」種になりそうです。

 

愛情という花かもしれませんし

お金を生み出す

芸術のような花かもしれません。

 

魚座のミュージシャンや

アーティストって

とっても多いのですが

 

不安という、ほとんどのひとが

見ないようにする感情と

きちんと向き合う人が多いからだと

わたしは思います。